奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会 | 「啓発連協」|行政啓発|奈良県

201801051536301290.png
http://nara-tenichi.jp/
モバイルサイトにアクセス!
奈良県市町村人権・同和問題
啓発活動推進本部連絡協議会
〒634-0061
奈良県橿原市大久保町302-1
奈良県市町村会館1階
TEL.0744-22-9611
FAX.0744-22-9711

―――――――――――――――
差別や人権侵害を許さない、
人権尊重のまちづくりをめざし
取り組んでいます。
―――――――――――――――
012120
 
   
   2018年 毎月11日は「人権を確かめあう日」は30年になりました
 

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ
2018-10-01 今月の人権まんがを更新しました。
2018-10-01 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2018-09-14 第24回なら・ヒューマンフェスティバルについて更新しました。
  2018-09-14 部落差別解消推進法のページを更新しました。
  2018-09-14 ヘイトスピーチ解消推進法のページを更新しました。
 

第24回なら・ヒューマンフェスティバル

第24回なら・ヒューマンフェスティバル
 
 

人権に関する新しい法律が施行されました

人権に関する新しい法律が施行されました
 
 

第15回シンポジウム

第15回シンポジウム
 
   
第15回シンポジウムの際に、
大阪府北部地震、西日本豪雨災害への
義援金募金をお願いしましたところ、
会場の皆さんから、70,198円の
ご協力をいただきました。
ありがとうございました。
義援金は、日本赤十字社奈良支部にお届けしました。
 
 

ひとこと

ひとこと
 
生きやすさを求めて
10月に入りました。猛暑や酷暑と言われた今年の夏も過ぎ、やっとしのぎやすい季節を迎えました。でも地球温暖化による気候変動のせいでしょうか、ここちよい秋も一瞬で過ぎ去るように感じます。
秋と言えばスポーツの秋ですね。さぁ~ 好天の下、いろいろなスポーツに参加し楽しんでみてはいかがでしょうか。ところで、今年もスポーツ界では、アメリカンフットボール・レスリング・体操とパワハラが大きな問題となりました。さらに、大相撲地方巡業での「女性は土俵から降りてください」との女性差別につながるような事象が社会的な議論を呼びました。いずれも旧態依然とした考え方や組織のあり方が問題の根底にあるように思います。伝統や慣習もその時代に照らして、変えるべきは変えていくべきではないでしょうか。
自分が解決できないなら社会も解決できるわけがないという考え方は、決して確かな明日につながりません。思いは行動につなげていきましょう。私たちが求めてきたのは、差別や偏見等によって、個々人が理不尽な思いをしたり、排除されたりしない社会です。
今の時代は多様性や個性が求められる時代と言われます。ベースには人権尊重があります。だれもが生きづらさではなく、生きやすさを実感できる社会を早くつくっていきましょう。
 
 

第34回架け橋美術展

第34回架け橋美術展
 
<<奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会>> 〒634-0061 奈良県橿原市大久保町302-1 奈良県市町村会館1階 TEL:0744-22-9611 FAX:0744-22-9711