奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会 | 「啓発連協」|行政啓発|奈良県

201801051536301290.png
http://nara-tenichi.jp/
モバイルサイトにアクセス!
奈良県市町村人権・同和問題
啓発活動推進本部連絡協議会
〒634-0061
奈良県橿原市大久保町302-1
奈良県市町村会館1階
TEL.0744-22-9611
FAX.0744-22-9711

―――――――――――――――
差別や人権侵害を許さない、
人権尊重のまちづくりをめざし
取り組んでいます。
―――――――――――――――
014734
 
   
   2019年 毎月11日は「人権を確かめあう日」30周年です
   
   2019年3月22日「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました
   
2016年人権3法「部落差別解消推進法」「ヘイトスピーチ解消法」「障害者差別解消法」
 

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ
2019-06-03 今月の人権まんがを更新しました。
2019-06-03 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2019-05-07 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2019-05-07 パンフレット「人権に関する新しい法律を知っていますか」
  2019-05-07 今月の人権まんがを更新しました。
  2019-04-01 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2019-04-01 今月の人権まんがを更新しました。
  2019-03-22 奈良県部落差別の解消の推進に関する条例ができました。
  2019-03-01 今月の人権まんがを更新しました。
  2019-03-01 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2019-02-04 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2019-02-04 今月の人権まんがを更新しました。
  2019-01-04 今月の人権まんがを更新しました。
  2019-01-04 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2018-12-01 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2018-12-01 今月の人権まんがを更新しました。
  2018-11-16 第24回なら・ヒューマンフェスティバルについて更新しました。
  2018-11-01 今月の人権まんがを更新しました。
  2018-11-01 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2018-10-01 今月の人権まんがを更新しました。
 

「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました!

「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました!
 
2019年3月22日
「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました!
(奈良県部落差別解消推進条例)
 
全国の都道府県にさきがけ、新たに制定された「部落差別解消推進条例」です。
 
部落差別の解消を推進し、
部落差別のない社会の実現を目指した条例です。
 
わたしたち一人ひとりが自分の問題として考え、行動し、
お互いの人権を尊重しあう社会を築きましょう。
 
 

パンフレット「「人権に関する新しい法律を知っていますか?」

パンフレット「「人権に関する新しい法律を知っていますか?」
 
「啓発連協」では、2016年に施行された人権3法、
「部落差別解消推進法」、「ヘイトスピーチ解消法」「障害者差別解消法」と、
「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」(2019年3月施行)、
「奈良県障害のある人もない人もともに暮らしやすい社会づくり条例」(2016年施行)に
ついてのパンフレットを作成しました。
 
一人でも多くのみなさんに、
人権3法や奈良県条例について知っていただきたいと願い、
さまざま場面で活用してまいります。
 
 

人権に関する新しい法律が施行されています

人権に関する新しい法律が施行されています
 
 

ひとこと

ひとこと
 
その痛さを自らのものにして
「踏まれた者の足の痛さは、踏まれた者にしかわからない」という言葉があります。自分も同じ状況や立場にならないと、相手の痛みや苦しみがほんとうに理解できないという意味です。言い得て妙の言葉です。
今、インターネット上での誹謗中傷がとても多くなっています。パソコンのキーボタン押すだけで、いとも簡単に人を傷つけたり悲しませたりするのです。それなのにそのような行為者は、たぶん自らは何の痛みも感じていないと思われます。今、ネット上でこのような差別や人権侵害が繰り返し起きています。
かつて、差別事件が多く起こりました。そのつど差別者は、きびしくその言動を糾されてきました。その中で「他人の人権を侵してはならないこと。お互いの人権を守ることの大切さ。」を学んできました。つまり、「踏まれた者の痛さ」を自らのものとすることを学んできました。差別や人権侵害をなくす取り組みの必要性と大切さを実感してきました。
さて、一度自らふり返ってみましょう。
 
<<奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会>> 〒634-0061 奈良県橿原市大久保町302-1 奈良県市町村会館1階 TEL:0744-22-9611 FAX:0744-22-9711