2015年県民のつどい・シンポジウム

   
毎月11日は「人権を確かめあう日」県民のつどい・第12回シンポジウム
 
インターネットをはじめ個別の人権侵害の今を斬る  ~「同対審」答申 50年の軌跡~
   
 
 
 
  日時   2015年8月11日(火)受付12時30分 開会13時
 
  場所   かしはら万葉ホール・ロマントピアホール
 
 基調講 「同対審」答申50年、今問われていること
 
 講師    奥田均さん
        (部落解放・人権研究所代表理事、近畿大学人権問題研究所教授)
 
 シンポジウム    インターネットをはじめ個別の人権侵害の今を斬る
        ~「同対審」答申 50年の軌跡~
 
 
===== たくさんのご参加 ありがとうございました =====
 
 
 
 
 
開会行事 ~  基調講演
 
 
 
第12回シンポジウム ~ 閉会行事
 
 
   
開催への想い
どうすればわたしたちは、差別をなくしていくことができるのでしょうか。”こんな自問を幾度したことでしょう。
21世紀という時代になって15年も経った今、変わらぬ部落差別の現状、IT時代の新たな人権侵害、ヘイトスピーチ、家族をとりまくDV,虐待そしていじめ等・・・・・。
そして、続けての自答は、”人間がつくった差別だから、必ず人間によって解決できる。”のです。
一世紀に及ばんとする時を、どれだけ多くの人たちが呻吟し命をかけて、非情で不条理な差別と闘ってきたことでしょう。
それは奪われ、侵されてきた権利と自由そして、人間の尊厳を取り戻すための闘いでした。
今わたしたちは、ひとりの人間として、静かに深くこのことに思いを寄せ、自らに問いかけてみることが必要ではないかと思います。”わたしになにができるのか”と!
毎月11日は「人権を確かめあう日」県民のつどい・第12回シンポジウムは、このような思いと願いで開催します。
朝が来ない夜はありません。
”差別のない、人権が確立した社会”の夜明けは必ず訪れると信じます。
<<奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会>> 〒634-0061 奈良県橿原市大久保町302-1 奈良県市町村会館1階 TEL:0744-22-9611 FAX:0744-22-9711