第32回架け橋美術展

   
「架け橋美術展」はハンセン病回復者の方々の美術・文芸作品による展覧会です。
架け橋 長島・奈良を結ぶ会」と開催地の地元が協力して開催され、今年で33回目になります。
今回は11月28日から30日まで、東大寺総合文化センターで開かれます。
回復者のみなさんが創り出される作品は、どれもみずみずしく、力づよく、パワーと元気をもらえます。
みなさんもどうぞ会場にお越しいただき、作品をご覧ください。
 
会 期  2017年11月28日(火)~30日(木)
      10時~16時30分 (最終日は12時まで)
 
会 場  東大寺総合文化センター 小ホール
      奈良市水門町100 (同センター内に東大寺ミュージアムがあります)
       電話 0742-20-5511
 
入場無料
 
公共交通機関をご利用ください
 
記念公演
日時  11月28日(火)29日(水) 両日とも14時~
場所  東大寺総合文化センター 金鐘ホール
 
講師  畑野健太郎さん (邑久光明園名誉園長)
演題  「ハンセン病問題」の過去・現在・未来
      (両日とも同じ内容です)
 
 
 
 

会場案内

会場案内
 
東大寺総合文化センター  (同センター内に東大寺ミュージアムがあります)
奈良市水門町100
℡ 0742-20-5511
<<奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会>> 〒634-0061 奈良県橿原市大久保町302-1 奈良県市町村会館1階 TEL:0744-22-9611 FAX:0744-22-9711