奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会 | 「啓発連協」|行政啓発|奈良県

201801051536301290.png
http://nara-tenichi.jp/
モバイルサイトにアクセス!
奈良県市町村人権・同和問題
啓発活動推進本部連絡協議会
〒634-0061
奈良県橿原市大久保町302-1
奈良県市町村会館1階
TEL.0744-22-9611
FAX.0744-22-9711

―――――――――――――――
差別や人権侵害を許さない、
人権尊重のまちづくりをめざし
取り組んでいます。
―――――――――――――――
016157
 
   
2019年 毎月11日は「人権を確かめあう日」設定30周年です
   
2019年3月22日「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました
   
2016年人権3法「部落差別解消推進法」「ヘイトスピーチ解消法」「障害者差別解消法」
 

第25回なら・ヒューマンフェスティバル

第25回なら・ヒューマンフェスティバル
 
   
新垣 勉さん トーク&コンサート(13:30~15:00)
 
新垣勉さんは、全盲・天涯孤独という幾つものハンディーをのり越え、音楽という素晴らしい宝物との出会いで、世界平和やオンリーワンの人生を大切にしたアーティストとして、コンサートや講演活動を発信し続けておられます。
すばらしいトーク&コンサートをお楽しみください!!
 

県民のつどい・第16回シンポジウム

県民のつどい・第16回シンポジウム
 
2019年、毎月11日は「人権を確かめあう日」提唱、設定されて30周年の節目を迎えました。
それを記念して「県民のつどい」を開催し、同時に「第16回シンポジウム これでいいのか 私たちのくらしの中の人権」を開催しました。
 
たくさんのご参加 ありがとうございました!
 

「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました!

「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました!
 
2019年3月22日
「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました!
(奈良県部落差別解消推進条例)
 
全国の都道府県にさきがけ、新たに制定された「部落差別解消推進条例」です。
 
部落差別の解消を推進し、
部落差別のない社会の実現を目指した条例です。
 
わたしたち一人ひとりが自分の問題として考え、行動し、
お互いの人権を尊重しあう社会を築きましょう。
 
 

人権に関する新しい法律が施行されています

人権に関する新しい法律が施行されています
 
 

ひとこと

ひとこと
 
やさしく ふかく おもしろく
「むずかしいことをやさしく やさしことをふかく ふかいことをおもしろく」このような言葉を、新聞のコラムで知りました。言い得て妙だと思います。とかく物事は、難しく表現しがちになり、それで、満足してしまうようなことが多々あります。しかし、物事は、多くの人に理解されなければ意味がありません。
私たち市町村「啓発連協」は、その名の通り住民に「啓発する」ことを目的にして活動を続けています。例えば、活動の一つに、4コマまんが「てんいち先生とひかりちゃんで学ぶ」があります。毎月、苦労に苦労を重ねてつくり出しています。出来映えはいろいろですが、「人権の大切さ」を一人でも多くの人に知ってもらいたい、感じてもらいたいと奮闘しています。今更ながら、「むずかしいことをやさしく やさしいことをふかく ふかいことをおもしろく」のことばが胸に響きます。「差別や人権のこと」を、わかりやすく伝えていくために、これからも「てんいち先生とひかりちゃん」とともにがんばってまいります。どうか、よろしくお願いします。
 
 
 
 
<<奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会>> 〒634-0061 奈良県橿原市大久保町302-1 奈良県市町村会館1階 TEL:0744-22-9611 FAX:0744-22-9711