奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会 | 「啓発連協」|行政啓発|奈良県

201801051536301290.png
http://nara-tenichi.jp/
モバイルサイトにアクセス!
奈良県市町村人権・同和問題
啓発活動推進本部連絡協議会
〒634-0061
奈良県橿原市大久保町302-1
奈良県市町村会館1階
TEL.0744-22-9611
FAX.0744-22-9711

―――――――――――――――
差別や人権侵害を許さない、
人権尊重のまちづくりをめざし
取り組んでいます。
―――――――――――――――
019164
 
   
2019年3月22日「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました
   
2016年人権3法「部落差別解消推進法」「ヘイトスピーチ解消法」「障害者差別解消法」
 

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ
2020-02-03 トップページ、ひとことのページを更新しました。
2020-02-03 今月の人権まんがを更新しました。
  2020-01-06 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2020-01-06 今月の人権まんがを更新しました。
  2019-12-02 今月の人権まんがを更新しました。
 

「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました!

「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました!
 
2019年3月22日
「奈良県部落差別の解消の推進に関する条例」ができました!
(奈良県部落差別解消推進条例)
 
全国の都道府県にさきがけ、新たに制定された「部落差別解消推進条例」です。
 
部落差別の解消を推進し、
部落差別のない社会の実現を目指した条例です。
 
わたしたち一人ひとりが自分の問題として考え、行動し、
お互いの人権を尊重しあう社会を築きましょう。
 
 

人権に関する新しい法律が施行されています

人権に関する新しい法律が施行されています
 
 

ひとこと

ひとこと
 
もう、2月だ!
ついこの間、“新年あけましておめでとうございます。”と挨拶を交わしただけなのに、はや2月に入りました。
しかし、今年は暖冬で季節感がありません。気候変動や温暖化の影響でしょうか。小さなことでもこの状況を変えていくために、私たちに出来ることは何かを考えなければなりません。
市町村「啓発連協」も、差別をなくして人権を確かなものにするために32年間活動を進めています。日々の活動の中で、常に新たな発想や工夫を求めながら「人権のまちづくり」をめざしています。
「2月は如月(きさらぎ)ともいい、一説では「寒さで着物を更に重ねて着ること」とあります。一年の内で最も寒い時期です。しかし、暖冬で、暖かい日が続いています。このような時だからこそ、ぴんと張り詰めたものにしたいですね。私たち市町村「啓発連協」も、常に自らの胸に手を当てて、一層の緊張感をもって、取り組みを推進していきたいと考えます。
「まだ、一ケ月が経っただけだ。」と、「もう、一ケ月が経ったんだ」では大きな違いがあると思います。
さて、みなさんは、どちらでしょうか。今年も残り11ケ月です。
 
 
 
 
<<奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会>> 〒634-0061 奈良県橿原市大久保町302-1 奈良県市町村会館1階 TEL:0744-22-9611 FAX:0744-22-9711