奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会 | 「啓発連協」|行政啓発|奈良県

 
 

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ
2018-05-02 トップページ、ひとことのページを更新しました。
2018-05-01 メーデー会場での街頭啓発のようすをアップしました。
2018-05-01 今月の人権まんがを更新しました。
  2018-04-02 今月の人権まんがを更新しました。
  2018-04-02 トップページ、ひとことのページを更新しました。
 

「人権を確かめあう日」一斉集会

「人権を確かめあう日」一斉集会
 
たくさんのご参加、ありがとうございました!
 
 
奈良県では、毎月11日は「人権を確かめあう日」の取り組みで、
4月11日に県内21会場で「人権を確かめあう日」一斉集会を開催しています。
 
2018年は、
1989年に毎月11日は「人権を確かめあう日」の取り組みがはじまって、
30年の節目の年です。
「人権を確かめあう日」一斉集会も第30回になります。
 
 
 
 

「人権を確かめあう日」一斉集会21会場の案内

「人権を確かめあう日」一斉集会21会場の案内
 
 

人権に関する新しい法律が施行されました

人権に関する新しい法律が施行されました
 
 

ひとこと

ひとこと
 
考えるより感じましょう。そして、行動を!
セクハラ、パワハラ、児童虐待など、今、私たちのまわりで、このような事件・事象を報道されない日がないくらいに、日常的に起こっています。
人権や生命があまりにも軽んじられることに、怒りや悲しみでとても心が痛みます。
しかし、この現実を自らが受けた傷のように感じる人は、少ないのではないかと思います。
人間は、考えるより感じることの方がむずかしいからです。
でも、私たちが感じようが感じまいが、また、問題意識があろうとなかろうとメディアは連日のように報道し、どんどん呼びかけてきます。
これで、たった一人でもいいから、何かの行動を起こすきっかけになればとても意義があることです。
これが「啓発」です。
市町村「啓発連協」は、長年、この「啓発」を拠り所として、差別撤廃と人権確立の取り組みを進めています。
「啓発」とは、人々に強い問題意識を喚起して、問題を解決へ導くための手引きをすることです。何かのきっかけがあれば、人の意識に変化が起こり、行動へと繋がっていきます。
今、私たちのまわりでは、メディアが報道しなくても、多くの差別や人権侵害が起こっています。現状を知ったら、考えるより感じて向き合うことが大切ではないでしょうか。
行動を起こすことが重要ではないでしょうか。
豊かで暮らしやすい社会をつくっていくために、ともにがんばりましょう。
 
<<奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会>> 〒634-0061 奈良県橿原市大久保町302-1 奈良県市町村会館1階 TEL:0744-22-9611 FAX:0744-22-9711