本文へ移動

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ

人権週間 12月4日~10日

1948年12月10日国連第3回総会で、「世界人権宣言」が採択されました。すべての人が生まれながらに基本的人権をもっていると宣言したのです。
1950年、国連第5回総会で、12月10日を「人権デー」と定めました。
日本では、1949年から12月4日~10日を「人権週間」としています。
 
人権について みんなで 考えてみましょう
 

ひとこと

私たちは、理性と良心とを授けられている!

光陰矢の如し、今年も12月になりました。師走の名の通り何かと気ぜわしい一ヶ月でしょう。また、12月4日から10日までは「人権週間」が始まります。第2次世界大戦の深い反省から国連で採択された「世界人権宣言」は、今年で74周年となります。
しかし、世界では今もウクライナでの戦争が続いています。人間はかつての大きな教訓を活かすことが、なぜできないのでしょうか。人権を無視し生命を奪い合う戦争という、かつてと同じ道になぜ進むのでしょうか。
すべての人間は、生まれながらにして自由であり、かつ尊厳と権利とについて平等である。人間は、理性と良心とを授けられており、互いに同胞の精神をもって行動しなければならない。
これは、「世界人権宣言」第一条の条文です。
理性と良心を授けられている私たちは、お互いを尊敬することが大切です。「人権週間」が74年もの長きにわたって取り組まれてきたのか、改めて確認したいものです。
私たち市町村人権・同和問題「啓発連協」では、1989年から「人は等しい」を合言葉に、‟毎月11日は「人権を確かめあう日」”を活動の基軸にして、啓発活動にとりくんでいます。お互いの尊厳を大切にする、誰ひとり取り残さない社会「人権のまちづくり」をめざして日々活動を続けています。ともにがんばりましょう。



奈良県市町村人権・同和問題
啓発活動推進本部連絡協議会
〒634-0061
奈良県橿原市大久保町302-1
奈良県市町村会館1階
TEL.0744-22-9611
FAX.0744-22-9711

差別や人権侵害を許さない、
人権尊重のまちづくりをめざし
取り組んでいます。

 
0
4
8
0
9
6
TOPへ戻る