奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会 | 「啓発連協」|行政啓発|奈良県

  • 市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会
 
 

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ
2017-12-01 今月の人権まんがを更新しました。
2017-12-01 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2017-11-01 今月の人権まんがを更新しました。
  2017-11-01 トップページ、ひとことのページを更新しました。
  2017-10-02 今月の人権まんがを更新しました。
 

人権週間 12月4日~10日

人権週間 12月4日~10日
 
1948年12月10日国連第3回総会で、「世界人権宣言」が採択されました。
すべての人が生まれながらに基本的人権をもっていると宣言したのです。
1950年、国連第5回総会で、12月10日を「人権デー」と定めました。
日本では、1949年から12月4日~10日を「人権週間」としています。
 
人権について みんなで 考えてみましょう
 

人権に関する新しい法律が施行されました

人権に関する新しい法律が施行されました
 
 

ひとこと

ひとこと
 
「人権週間」に思う!
最近あいついで国会議員による差別的な発言がありました。
アフリカの人たちとLGBT(性的少数者)に対しての人権侵害とも思われる発言です。
国会議員は選挙で選ばれた公人です。
それゆえに、その言動は極めて重く大きいものがあります。
早速反省の弁を述べ、謝罪し撤回をしましたが、とても腹立たしく残念です。

ところで、毎年12月4日から10日までの一週間は「人権週間」です。
あらためて人権の大切さについて考えてみましょう。
差別や偏見がどれだけ人を苦しめ悲しませ傷つけているか、こうした事象があるたびにきびしい指摘や抗議があって、やっと事の重大さに気づき、謝罪や弁明に至っています。
社会では、いまも予断や偏見による差別が、多くの人を苦しめ傷つけ、時には死に至らしめることがあることを学ばなければならないと思います。
「人は差別性を身につけずに育つことは、不可能なことかもしれないが、一方で人の倫理的な意識が差別性を抑制し、さらに発展させる力を持っている」そうです。
つまり、「人は差別がいけないことだとわかったら、無くしていくために努力をする」ということです。
人権について関心がなかったり、自分には関係ないなどと思ったりしたことがあったとしても、今回のような私たちの代表である国会議員の起こした事象を機に、人権について見つめ直したいものです。

12月は一年の締めくくりです。
今年をふり返って掴んだものを新しい年の糧にしましょう。
<<奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会>> 〒634-0061 奈良県橿原市大久保町302-1 奈良県市町村会館1階 TEL:0744-22-9611 FAX:0744-22-9711