本文へ移動

奈良県市町村人権・同和問題啓発活動推進本部連絡協議会からのお知らせ

ひとこと

それは私自身の人権が侵害されていることと同じです。

9月に入り、やっとあの連日の猛暑や酷暑が続いていたことをふり返ることができる季節になったと感じます。季節は少し秋に近づいたと実感しています。
でも、身近には、新型コロナウイルス感染症の感染拡大があり、これからやってくる台風や災害等には充分に気を付けていきたいものです。
さて、過日主催した研修会で、ひとりの講師の話がとても印象に残りました。
『今、私たちが享受している人権は、教育や啓発や運動や、そうした多くの人びとの努力の上に獲得、回復されてきたことを確認したいと思います。そして、先人が闘って確立してきたその財産は、弛みない努力によってこそ、保持できるものであると改めて胸に刻みたいと思います。』
今、私たちのまわりではさまざな差別や人権侵害が起こっています。世界では、今も戦争が続けられています。かけがえのない命と人権が侵害されています。 基本的人権は、すべての人に等しく信託されたものです。どこかでだれかの人権が侵害されていれば、それは私自身の人権が侵害されていることと同じです。
つまり、他人の人権を守ることが、すなわち私自身の人権を守ることになるのだと知ることができました。そして、差別が人間の尊厳を奪い、生きる権利までも奪うものであることを改めて理解しました。
いまさらながら人権の大切さを深く胸に刻みました。毎月11日は「人権を確かめあう日」の取り組みをしっかりと進めていきましょう。
奈良県市町村人権・同和問題
啓発活動推進本部連絡協議会
〒634-0061
奈良県橿原市大久保町302-1
奈良県市町村会館1階
TEL.0744-22-9611
FAX.0744-22-9711

差別や人権侵害を許さない、
人権尊重のまちづくりをめざし
取り組んでいます。

 
0
4
6
7
9
8
TOPへ戻る